ぶきっちょな素人は高い授業料を払う(泣)<タイヤ・チューブ交換をマスターしよう>

ヤビツ峠のパンク事件のせいで足回りがちょっと不安だったのと
パンク修理を一人でできないと遠出で不安だし、
パンク修理くらいできてこそ一人前でしょー!

・・・ということで、
b0232759_33020100.jpg

ぶきっちょでおなじみ、
きーぼうのタイヤ交換芸です。

↓続きはmore







現在装備のタイヤ:マキシス XEPHYR 700 X 23C→230g
交換予定のタイヤ: ミシュラン プロ3レース 700×23C⇒200g

30gの軽量化×前後=60gの軽量化!

体感で変わる範囲ではないと思いますが、
一応、軽量化ですね^^



タイヤ交換なんて、どこのサイトでも動画でもやってるもんです。
なので今更ブログで紹介することもないのですが、

ぶきっちょがやるとこうなるぜ!!!
ってのをとくとみせるってばよ!!



さて、タイヤを外します。
後輪ですが、もうお手の物です。
b0232759_3503654.jpg


つぎにタイヤレバーを使ってタイヤの片枠をはずします。

b0232759_3511584.jpg

スポークに2~3本タイヤレバーを挟めばはずれました。

b0232759_3524939.jpg


ヤビツ峠攻めた時のチューブを交換のため抜きます。
パンクしたときもこうやってチューブを抜くので練習になりますね。
b0232759_3454890.jpg


上のチューブが謎のチューブ
下のチューブが交換予定のパナレーサーの安価チューブ

あきらかに25cのチューブ入ってましたね(苦笑)

今回はタイヤ交換なので全部外しました。
b0232759_3541562.jpg


b0232759_3543487.jpg

b0232759_3552376.jpg


ここまで、順調ですね!

b0232759_3575535.jpg

まずは、タイヤの片枠からはめていきます。
ぐるぐるっと、するするっと。
b0232759_3592633.jpg


ここからチューブを入れていくんですが、
軽く空気をいれたほうがいいとのことです。
b0232759_401181.jpg

パンク修理を想定して携帯空気いれで。
b0232759_40391.jpg

b0232759_40551.jpg

チューブを入れたらタイヤのもう反対側をはめていくんですが・・・
b0232759_411173.jpg

サイズちがうんじゃないか!?っていうくらい
最後の写真部がおそろしく
固い!!!

対策として

×:マイナスドライバー
b0232759_434154.jpg


やった!はまった!!!
と、思い空気を入れようとしたらまったく入らず。
パンクをさせてしまってました。。。
それもトライアンドエラーを繰り返し・・・
3本も・・・(泣)
それくらい固くてどうしようもないんです・・・。
しかたないので、うち1本をパンク修理パッチを試してみました。

正直パッチなんて微妙だろ!!って思ってたんですが
ものすごい修理力でバッチリ回復しました!!

さて、
僕と同じ失敗をしないためのポイントをご紹介します。
まず、軽く空気入れる時に1気圧入れるんですが
これが結構大事なポイントだったりします。

b0232759_463942.jpg


次に、
b0232759_475083.jpg

固いところは
タイヤレバー
これで、なんとかしましょう。
僕も最初はタイヤレバーを使用してたんですが、
固すぎて、折れた!
・・・という経緯があったのでマイナスドライバーを使用したのですが
うまくやればタイヤレバーでパンクせずにできます。

さすがに、こんだけ失敗すれば最強のぶきっちょらーもやり方覚えます。
本をみなくても同じ要領で前輪もさくっと(?)交換できました。

b0232759_4105874.jpg

b0232759_4141677.jpg


ほい。そんなこんなで交換終了。
試行錯誤でタイヤ・チューブ前後輪交換に費やした時間は
3時間!!
ど不器用だなー・・・(遠い目)



しかし、もし今後パンクしてもチューブとタイヤレバー・携帯空気入れさえあれば

こんな僕でも一人でもうできます!!!!
おそらく片方30分、40分でできます!!!(自信あり!)



いやぁ・・・・修理パッチ使えば復活するとはいえ
チューブ3本だめにして(うち1本は修理パッチ使用して復活したけど)
高い授業料でした!

しかし・・・



パンク修理技術・タイヤ・チューブ交換技術をおぼえました!!!!!!!!


これはでかいですね。


もし、これを見ている方で自分も練習したい!って方がいたら
チューブ交換をおすすめします。
交換したチューブも使えますし、チューブを耐久性のあるものに変えるのも安心でしょうし。
まぁ、その場合は自己責任で。。

そんなこんなで^^
[PR]

by keybou07 | 2011-12-12 04:29 | パーツ関連