何度でも倒しにくる【ヤビツ峠】

大会も近いので練習しなきゃなー・・・と思い筋トレをぼちぼちしてるんですが、
明らかに昨年より走れていないんですよね。

少しずつ調整してるんですが、
全盛期にくらべてどれくらい実力戻ったんだろうかと気になるところで。


まぁ、こういう時はホーム峠にいくのがベスト!!


b0232759_2233338.jpg






今年度、初ヤビツです!


↓続きはmore





ヤビツ峠は実は前から心の声が聴こえていまして、



ヤビツ峠先輩『おまえ、最近ポタリングばっかでたるんどるな?とりあえず屋上こいや?』



僕「嫌です。」



b0232759_22112210.jpg





僕「いいだろう。俺が登り終えた頃にお前は八つ裂きになっているだろうがな!!(キリッ)」






・・・というわけで、登ります。

b0232759_22134213.jpg




作戦は菜の花台すぎて、ゴール手前まで力を温存する。
それまでは坂にあわせて極力、力を抜いてリラックスして登れるように心がける。


深く座りすぎずに上体をおこして辛い時も呼吸をしっかりと吸うことを意識して・・・




久々のヤビツ
・・・いざ、尋常に参る!!





いつもはタイムを削るところも飛ばさずに温存します。

しかし、林道手前の激坂は抑え気味のダンシングでもキツイ。
ついついハンドルを強く握り、肩に力が入ってしまいがち・・・・




仕方ない。


貧脚流・柔の構え!

b0232759_22245559.jpg



親指と小指を畳み三本でハンドルを包み込む。
こうすると、握りこむことがなくバランスが取れるという小技である。
もちろん、自己流なので誰しもが使えるわけではない。





これで体力の消費を抑える。。


途中、激坂で飛ばしながら抜かしてきた方がいましたが
やはり林道すぎてペースダウンしたようで追い抜かしました。



そうなんだよ。
いきなり飛ばさないで一定のペースで後半部までもたせることが大事。




菜の花台。35分で通過。
ううん・・・。どうだコレ。抑えすぎたが。。(ハァハァ)



菜の花台すぎてからは
辛さを紛らわすためにリラックスできることを考えるようにしました。


『もう、坂を登り終えて自販機の前・・・何にしようかな。サイダー・・・コーラ・・・ポカリ・・・・オッパイ・・・』



自販機にオッパイ。



それはない。。。

b0232759_2237521.jpg



・・・・などと良くわからない思考になりつつも
ゴール手前。50分は切りたい。


ここでアウターに切り替えてダンシング。


久々に身分も性別も時間も越えて
頭をからっぽにして、自転車と一体になった体をゴールにぶちこむようにもがきます。



いっけえええええ!!!!



俺のマグナーム!



b0232759_2253587.jpg


ゴール!


b0232759_2236761.jpg



50分58秒



ベストタイムはあと5分縮めてるんだよねー・・・・。

ちょっと時系列にまとめてみよう。








2011.10月 初ヤビツ・クロスバイクで菜の花台まで。タイムは不明。

2011.12月  ロードで初TT挑戦   59分37秒

2011.年末 リベンジと称してダンシングでガンガン攻める 48分45秒

2012.5月 新ホイール筆おろし 44分35秒
※この頃はめっちゃ色々な峠を攻めていた。体重もいまより5kgは軽い

しかし、菜の花台まで35分とここまでは今回と同じ!!
そこからの追い込みで差が出ている・・・。


2012.8月 先輩と炎天下でクライム 48分58秒
この数週間後に京都まで激走している故、タイムはあれでもなかなか仕上がっていたと思う。



2012.12月年末 京都いった後に燃え尽きてさぼっていた。箱根ターンパイクで燃え尽きた後。
            52分52秒

2013.5月現在 50分58秒








今回の作戦の方向性は良かった。
ただ自分の中に4段階ギアがあるとして、

1⇒4という走行だったのに対して、1⇒2⇒3⇒4と少しずつあげていくのが課題だったな。



まぁ、いい練習だった!

b0232759_2258021.jpg




b0232759_22582218.jpg



山の上は静かで、ほてった体を静かに癒す。



久々に裏ヤビツから下って帰る。




b0232759_22594884.jpg





b0232759_230373.jpg


宮ケ瀬ダム。


b0232759_2304973.jpg





去年はにょこPと来たんだよなー。
そんときはずっと引っ張ってもらってたんだけど、下れば下るほど申し訳なかったと思いましたねw






そんなこんなで帰宅。

雨が降りそうだったのでね。


だいたい100kmくらい走ったんですが、
前回の半分の距離だったためか脚にはまだ余裕がありましたね。
このあたりの距離感覚も前に戻りつつあります。
最低100kmというロードの世界・・・・。





まぁ、つらつらと書きましたがヤビツは何度戦っても気持ちがいい峠ですた!!





【おまけ】



ツーリング中のおにぎりの美味さは異常。

b0232759_236395.jpg

[PR]

by keybou07 | 2013-05-16 23:29 | ヒルクライム